DRERICH

Home > サービス業> DRERICH

レンタルドレスのドレリッチ | ウェディング・結婚式ドレスをレンタル!


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ウェディングドレス・タキシード&ゲストドレスのレンタルなら東京・横浜・名古屋・大宮全国4店舗のドレリッチ!結婚式・披露宴・二次会ウェディングドレスが14,850円から。ゲストドレス8,580円。レンタルドレスの全国配送ネットレンタルOK

女性は結婚式や披露宴、パーティーなどのフォーマルな席に出席をする機会が多いですし、お子様の入学式や卒業式などでセレモニースーツを着用することもよくあります。同じ服を何度も着たくはないけれど、新しい洋服を買っていると費用がかさんでしまうと感じている人は、レンタルドレスの専門店を利用すると便利です。レンタルドレスの専門店では、20代前半の若い人はもちろん、30代、40代以降の人にも似合う落ち着いたデザインのドレスが揃っているので、安心して利用できます。若い女性にはフリルやリボンなどの装飾が付いた商品や、ミニ丈などのフェミニンな印象のレンタルドレスが人気があります。入学式や卒業式にはお子様のお母さんとして出席をするので、お肌の露出を抑えた紺やベージュ、ピンク、グレーなどのきれいな色味が揃っています。膝が隠れるぐらいのスカート丈なので上品さを演出できます。友人や親戚の人の結婚披露宴に出席をする時は、会場の雰囲気に合わせてフォーマルな装いをするのが大人のマナーになっています。レンタルドレスの専門店ではボレロやジャケットなどの羽織物が付いている商品も揃っているので、気に入った商品を見つけやすいです。背の高い人や小柄な人は一般的なお店では、自分のサイズに合った商品を見付けにくいと感じている人が少なくありません。インターネットのレンタルドレスのお店では、豊富なサイズが揃っているので、体の小さい人から、大きい人まで似合うデザインの商品が見つけやすいです。結婚式や二次会に出席をする時は、明るい印象の色合いの商品を選ぶと慶びの席にぴったりです。レンタルドレスの専門店では、万が一サイズが合わなかった時は交換をしてくれるので、安心して利用できます。自分の顔立ちや雰囲気、体型に合ったドレスを選ぶと、幅広い年代の人に好印象を持ってもらえます。高品質な素材を使用したドレスがリーズナブルな価格でレンタルできます。
PAGE TOP ↑