pluspa

Home > ライフ> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

マインドフルネスはヨガや瞑想を指すのではなく、集中することがマインドフルネスで方法がヨガや瞑想です。ヨガや瞑想は宗教に繋がるイメージがあるため抵抗がある人も少なくありませんが、スポーツ選手も取り入れているルーティーンも集中する方法のひとつです。スポーツ選手のルーティーンはパフォーマンスを最大限に引き出すために利用されています。ルーティーンは人それぞれ異なりますが、プロのスポーツ選手の多くが本番前に必ず行うというこだわりを持っています。ルーティーンは身に着けた技術を練習のときも本番でも、いつも通りに発揮するためにいつも行う動作をすることです。いつも通り行っていることを本番の刺激から惑わされないようにルーティーンは行われます。ルーティーンはクセではなく、トレーニングで身につける技術です。技術を身につけるために何時間もかけています。マインドフルネスは意識して今に集中することですが、ルーティーンにも繋げることができます。スポーツ選手だけでなく。普段の生活の一部としてプライベートタイムから仕事に入る前に、飲み物を飲んだりスケジュールの確認をしたりとスイッチを切り替える動作となります。マインドフルネスは呼吸に意識を集中させますが、集中させるためにはネガティブなことを意識してしまうと集中することはできません。集中するためにはポジティブな状態が必要です。医療の現場で利用されているマインドフルネスは、ストレスからのカウンセリングを受けている方に心理療法として活用されています。うつ病患者への治療の一環として、気分の落ち込む症状を緩和させるため感情のコントロールは必要となります。自身の環境を見つめ直し、ネガティブな体験と向き合うための心理療法としてマインドフルネスは取り入れられています。マインドフルネスは病の予防や健康促進などに関わっています。落ち込んだときにも沈んだ気持ちのままではなく、冷静に何がダメだったかを理解し、前向きな気持ちを持つことが大切です。

注目キーワード

カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...
ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
PAGE TOP ↑