childbedlaboratory

Home > ライフ> childbedlaboratory

Account Suspended


赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

妊娠や子供の誕生は大変おめでたいことですが、産後のこともしっかり考えておかなくてはなりません。妊娠中のゴールは元気な赤ちゃんを産むということですが、出産を終えたらそれで終了というわけではありません。産後には休む暇もなくすぐに育児が始まることになります。ママは休憩をする暇は一切ありません。産後にそれほど大変な日々が始まることは誰も想像していないのではないでしょうか。しかし産後は体力も落ちており、本来ならば回復のためにゆっくりと過ごす期間を設けるべきです。家族など周りのサポートは必要不可欠と言えます。ですが、東京のように地方から出てきている人の場合は、東京に頼れる人がいないのではないでしょうか。そうなれば産後ケアどころではありません。東京でも産後ケアをしっかりと行うために、近年では家事代行サービスやベビーシッター、産前や産後ケアをしている業者や機関が増えました。育児には忍耐が必要となりますが、母親の心に余裕がないことには愛情深く忍耐強い育児は到底できません。心の余裕のためには、肉体的なケアと精神面でのケアが必須となってきます。産後ケアは肉体的なものと考えがちですが、心身ともにいたわらなくてはいけません。そんな産後の時期に、負担の大きい家事や育児のサポートをしたり、休養・栄養管理など産後の回復に必要な日常生活のケアをするためにも、様々なサポート業者や機関を利用するのは、良い選択肢と言えるのではないでしょうか。母親が十分休養をとり、自信を持って育児をしていくことが、子供の幸せにもつながるということを頭に置いておくようにしましょう。他人には頼るべきではないと考えてしまいがちですが、働く女性が増えた今の時代では、業者や機関にサポートをしてもらうのは当然のことになりつつあります。様々なサポートがあるので、自分に必要となるサポートを行なっている業者を選んで依頼することが大切になってきます。

注目キーワード

赤ちゃん言葉
赤ちゃんが、言うことばを 大人が、まねて、表記する言葉。
赤ちゃん本舗
乳幼児向けの関連商品を販売している会社。大阪市中央区に本社がある。1932年創業。1941年2月27日法人化。 →アカチャンホンポ
PAGE TOP ↑