えみあす

Home > ライフ> えみあす

デイサービスは狭山市の介護予防フィットネス「えみあす」


看護師の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

デイサービスなら狭山市の「えみあす」へ。介護保険制度が使える介護予防運動専門の介護予防フィットネスで1日3時間のデイサービスです。

狭山市にも介護の手を必要と考える高齢世帯は少なくはなく、居宅介護支援事業所のケアマネージャーへ相談したり、管轄する地域包括支援センターも活用できます。狭山市にも、本人や家族の代行として申請手続きを行ってくれる業者もいるので、上手く活用するのも手の内です。ケアマネージャーは、保険やケアプランの知識も豊富ですから、デイサービス事業所との契約内容の相談役、仲介役にもなってくれます。介護保険の申請後、認定員が自宅に伺い、介護認定調査が行われ、その後はケアプランの作成、各介護サービスの利用手続き、事業所と契約を結び、晴れてデイサービスの利用をスタートできます。介護保険が利用できるので、今の生活水準を維持したいご家族向けでもあったり、狭山市にもリハビリ特化型デイサービス、介護予防センターなどが展開されています。マシントレーニングはもちろん、歩行訓練を中心としたリハビリ特化型であっあり、近年では、認知症予防に効果的な介護レクリエーションの種類も増やした施設も少なくありません。デイサービスを利用する本人、ご家族のみならず、スタッフの求人数も高齢化社会の煽りを受けて増えています。若い年代が介護現場で利用者と一緒に楽しむレクリエーションの企画や実践、見直しなども図られており、益々、高齢者のデイサービス需要増と注目されています。これまでは、ボランティアスタッフが介護施設などで活躍してきたものの、認知症などの専門知識を必要とした背景などからも、有資格者が在籍している施設利用が相次いでいます。もちろん、狭山市でも同様で、機能低下を防ぐ効果的なプログラムを取り入れたい、取り組んで欲しいニーズに応えています。デイサービス利用者の楽しみになるのが、やはりティータイムやレクリエーションなどで、導入することで脳を活性化させたり、楽しく利用できるプログラムであれば、自然と笑顔や会話が生まれるなど、効果は内容で大きく変わります。グループ指導によって資格取得も可能としたり、利用者にも支援者にもこうしたデイサービスは話題を集めています。

注目キーワード

看護師
看護専門学校や看護大学等の看護師養成校における基礎看護教育を受け、看護師国家試験に合格し、看護師免許をもって、医療、保健福祉の現場で、主に看護を行う医療従事者。 2001年の保健師助産師看護師法の改正によ
准看護師
都道府県知事の免許を受けて、医師・歯科医師または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助をなすことを業とする。
[関連情報:デイサービス 狭山市
PAGE TOP ↑