OKC

Home > 学校> OKC

ニュージーランド・オーストラリアの高校留学・中学留学なら信頼と実績のOKC


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学をサポートして30年以上の実績を誇るOKCは、長年の実績が認められオーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体です。現地に5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。

高校留学の選択肢の1つとして、ニュージーランドがあります。他にもカナダやアメリカなどといったいろいろな国が考えられますが、英語を話すことができる国の選択肢の中では、非常に有意義な国の1つです。自然に囲まれて、なおかつハイレベルな英語を勉強し、その環境の中で育つことができるので、経験する価値は大いにあると言えるでしょう。受け皿としても非常に懐が広く、実際に今ニュージーランド留学をして生活をしている日本人は山ほど存在しています。その人たちの生活を確かめれば、ニュージーランドがいかに魅力的で、過ごしやすい日がわかるはずです。自然に恵まれており、気候も温暖で、困ることはほとんどないでしょう。食べ物も美味しく、そこまで治安も悪くないので、万人にオススメすることができる素晴らしい留学先です。高校時代のうちから英語の力を身に付けておけば、言うまでもなく社会に出てからそれは役に立ちます。学校で勉強するものとは訳が違うので、実践的な英会話能力を身につけたいなら、留学で決まりだと言えるでしょう。のんびりと日本国内で英会話スクールなどを利用し続けるのも悪くありませんが、やはりネイティブスピーカーに囲まれた生活では、早く覚えなければならないと言うプレッシャーが生まれます。良い意味での切迫感が生まれるので、自動的に英語を覚えるスピードも速くなるはずです。英会話能力を身に付けて帰ってくれば、最終的に外資系産業で活躍することも可能ですし、もちろん国境を越えてワールドワイドに活躍することも可能となるでしょう。自然と自らの将来の可能性を広げることにつながるので、ある程度お金と時間を使ってでも、ニュージーランドへの高校留学はしておくべきです。ただ、闇雲に高校留学しても、遊んで終わってしまう可能性があります。なので、その留学の経験を活かして、将来何になりたいのか、その方向性位はある程度定めておいた方が良いでしょう。

注目キーワード

お茶の間留学
NOVAの画期的な英会話学習システム。 生徒はインターネット経由のテレビ電話を使って、自宅からレッスンを受けることができる。
TAM留学
アメリカに拠点を置き、留学、ワーキングホリデー、海外インターンシップを手配。 手配可能な国はアメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランド、中国、マルタ共和国
[関連情報:高校留学 ニュージーランド
PAGE TOP ↑